公益財団法人水戸市国際交流協会

公益財団法人水戸市国際交流協会・サブメニュー

公益財団法人水戸市国際交流協会・インフォメーション

インタビュー ~外国人から見た日本、水戸~<フィリピン共和国>

2017/01/22
水戸市には現在3,000人を超える外国人が暮らしています。国が変われば言葉も食べ物も文化も、もちろん人の考え方や物の見方も変わります。
 そこで、水戸市国際交流センターを利用している外国人に日本や水戸の印象についてインタビューしました。「驚いた」「おもしろい」「不思議」「ここが変・・・」
 外国人の視点から日本や水戸がどのように見えるのかを知ることによって、日本人にとっても日本や水戸の見方が変わってくるかもしれません。


シェヘラザーデ アカソ(フィリピン)
ミンダナオ生まれマニラ育ち,
英語講師,茨城県国際交流協会相談員

IMG_4634a.jpg______________________.png


*いつ来日しましたか。またそのきっかけを教えてください。
初来日は1987年でした。きっかけは,仕事のためにフィリピンに来ていた主人と知り合い結婚したので,日本に来ることになりました。
主人と出会った頃,私は大学生で,ホテルやレストランのマネージメントの勉強をしていました。日本人が経営するレストランにアルバイトに行っていたのですが,そのレストランはユニフォームが浴衣なので,私はそれに憧れて入りました。レストランのオーナーは隣でカラオケハウスもやっていました。私はよくそこに遊びに行っていて,主人とはそこで知り合いました。

*学生の頃から,日本について関心があったのですね。
はい,マニラには日本の企業がたくさん進出していましたから,日本に興味がありました。それに,母が戦争体験者だったこともあり,日本についていいことも悪いことも聞いていました。でも,私は日本の食べ物について一番興味を持っていましたね。かつ丼や天ぷらなど美味しいですから。

*そうでしたか。では,来日して感じたことを教えてください。
初めて日本に来た時,成田空港に着いて,バラの香りのようないい匂いがしたのが印象的でした。それに,日本はどこに行っても,ゴミが落ちてなくてきれいなので驚きました。

*国際結婚について,ご家族の反応はどうでしたか。
私の親は,最初は日本人との結婚に大反対でしたが,だんだん彼のことを理解してくれて,フィリピンでの結婚式にも出席してくれました。日本の両親はフィリピンには来られませんでしたが,その後,私は来日して,主人の実家でずっと一緒に暮らしています。日本で結婚式はやりませんでしたが,日本の結婚式がどんなものか後で知り,あんな素敵な結婚式だったら,やればよかったかなと思いました(笑)。
私は9人兄弟で一番上なのですが,妹や弟たちも国際結婚をしています。カナダ・サウジアラビア・アイルランドにそれぞれ住んでいますが,ネットが発達して,情報交換が簡単なので,家族が離れていても便利ですね。
ちょうど,今,カナダから妹たちが遊びに来ています。

*それは楽しみですね。日本のご両親と同居なさっていて,文化の違いもあると思いますが,いかがですか。
文化の違いはもちろんですが,私はフィリピンの都会で育ちましたので,主人の実家が田舎で,若い頃は,馴染むまで大変なこともありました。でも,日本の料理は,義理の母の傍らで,見て覚えることができましたし,皆さんに助けられ,ここまでなんとかやってきました。今では,地域に溶け込みいろいろ活動しています。

*将来の夢がありましたら教えてください。
将来の夢は,家族がいつまでも幸せに暮らせることです。現在,主人の商売を息子も一緒にやっています。娘もいますが,親として子どもたちがそれぞれ成功するように願っています。
他の夢は,フィリピンのドゥテルテ大統領のように国の支援ができたらいいと思っています。フィリピンの国民は彼が大統領になって喜んでいます。
私は将来的には,お金を貯めて,フィリピンにある女性と子どものためのがんセンターの支援をしたいと思っています。
昔は,日本とフィリピンは戦争をしましたが,今は日本がフィリピンのために支援してくれています。両方の国が仲良しであることをいつも願っています。

*フィリピンに旅行するときのお勧めを教えてください。
セブ島はもちろん有名ですが,その近くに「ボラカイ島」という小さい島があります。その島の西側に広がる約4㎞の「ホワイトビーチ」は,白い砂浜が沖合まで続いてとても素敵です。その周りには宿泊施設もあり,レストランやバーも並んでいます。夜更けになっても,ビーチ沿いのオープンバーでは,賑やかな音楽が流れて,歌ったり踊ったり夜も楽しめるリゾート地でお勧めです。
私の兄弟がその島で商売をしていますが,治安もいいと思いますので,ぜひ行ってみてください。

*本日はお忙しいところありがとうございました。


2016.12